お知らせ
お知らせはありません

コロナ禍は企業が変革を経て生き残る「最後のチャンス」、入山章栄教授が予見 - ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・オンライン 1ヶ月前
0 0
先が見えない。コロナ禍によって不確実性がさらに増している。イノベーションにつなげるために、企業は変わるしかない。企業の仕組みを全部変えないと淘汰されてしまう。入山章栄氏は「この数年間は、その最後のチャンスだ」と強く訴えかける。

記事を読む