お知らせ
お知らせはありません

岐阜大に「糖鎖」研究棟 老化、認知症解析 - 岐阜新聞

岐阜新聞 7日前
0 0
 名古屋大と岐阜大を運営する東海国立大学機構が、岐阜市柳戸の岐阜大キャンパス内に新たな研究棟をつくり、老化や認知症、がん化などに密接に関わる分子「糖鎖(とうさ)」の解明を進める「ヒューマン・グライコーム・プロジェクト」を計画していることが、15日までに分かった。10年間で154億円の研究費を投じ、5...

記事を読む