お知らせ
お知らせはありません

ロッテ重光を待ち受けていた、韓国政府の「2度の裏切り」 - ダイヤモンド・オンライン

ダイヤモンド・オンライン 1ヶ月前
0 0
1961(昭和36)年にガム日本一の座を奪取した重光武雄は翌62年に、21年ぶりに母国・韓国の土を踏んだ。朝鮮戦争で世界最貧国レベルに転落した母国に戻った重光は、もう一つの顔である辛格浩(シン・キョクホ)として、日韓国交回復の仲立ち、そして韓国への本格投資へと動き出していく。だが、母国への貢献のために、重工業への参入準備を進めていた重光を待ち受けていたのは、2度にわたる韓国政府の裏切りだった。

記事を読む