お知らせ
お知らせはありません

低リスク骨髄異形成症候群に対する経口用アザシチジンCC-486単剤療法、赤血球輸血非依存達成率を統計学的有意に改善 - がん情報サイト「オンコロ」

がん情報サイト「オンコロ」 14日前
0 0
低リスク骨髄異形成症候群の患者さんを対象に経口用アザシチジンCC-486単剤療法の有効性・安全性をプラセボと比較検証した第3相試験の結果、56日以上の赤血球輸血非依存性率はCC-486群31%に対してプラセボ群11%で統計学的有意に改善しました。

記事を読む