お知らせ
お知らせはありません

コロナとプライバシー保護 感染対策、難しいバランス - 佐賀新聞

佐賀新聞 15日前
0 0
新型コロナウイルスが猛威を振るう中、憲法が保障する営業の自由やプライバシー権と感染防止対策のはざまで、自治体が難しいバランスを迫られている。感染者と接触した人を徹底的に洗い出し、拡大を防ぐ和歌山県の対策は「和歌山モデル」と呼ばれ、海外でも注目された。しかし飲食店への影響は大きく、誹謗(ひぼう)中傷も。住民は「感染者が特定されてしまう」と息苦しさを吐露する。 「居酒屋〇〇に来店した人は最寄りの保健所まで連絡を」。

記事を読む