お知らせ
お知らせはありません

新型コロナワクチン 抗体値 2カ月で48%に半減 鹿児島市の病院が検査 専門家「効果半減ではない」 | 鹿児島のニュース - 南日本新聞

南日本新聞 4日前
0 0
 鹿児島市の米盛病院は、新型コロナウイルスのファイザー製ワクチンを2回接種した同院の医療従事者に対し、接種3カ月後の抗体検査を実施した結果、検査に応じた669人の抗体値の平均値が、2カ月間で約48%に半減したと明らかにした。専門家は「ワクチンには別の免疫反応を促す作用もあり、抗体が減っても、効果が半減するわけではではない」としている。

記事を読む