お知らせ
お知らせはありません

感染症対応では情報連携、看護師はじめ医療人材確保が最重要、課題検証し早急な改善を—第8次医療計画検討会 - メディ・ウォッチ

メディ・ウォッチ 1ヶ月前
0 0
新型コロナウイルス感染症をはじめとする新興感染症に適切に対応するためには、何よりも看護師の確保が重要である(例えばECMO管理が必要な重症者対応には「1対2」看護が必要)。例えば「一般病棟勤務→ICU勤務→一般病棟勤務」といったローテンションを強化し、平時には一般病棟に勤務するが、有事にはICU勤務が可能な看護師の増員を検討してはどうか―。 感染症専門病院は、感染症対応は効率的に行えるが、収束・終

記事を読む