お知らせ
お知らせはありません

良く噛んで食べる必要性が科学的に解明、食後のエネルギー消費量の増加を早大が確認 - マイナビニュース

マイナビニュース 1ヶ月前
0 0
早稲田大学(早大)は12月9日、液状の食べ物を口の中に含んで(ゆっくり味わって)、あるいはよく噛んでから食べると、普通に飲み込む場合と比べて、食後90分間にわたりエネルギー消費量が増加することを確認したと発表した。

記事を読む