お知らせ
お知らせはありません

共同発表:骨格筋の分化に働く新たな染色体基盤構造体を解明 - 科学技術振興機構

科学技術振興機構 6ヶ月前
0 0
東京大学 大学院理学系研究科 生物科学専攻の平井 誠也 大学院生、東京大学 定量生命科学研究所 クロマチン構造機能研究分野の胡桃坂 仁志 教授らのグループは、大阪市立大学 大学院工学研究科 化学生物系専攻の立花 太郎 教授、九州大学 生体防御医学研究所の富松 航佑 助教、大川 恭行 教授らのグループとの共同研究で、マウスのヒストンH3mm18による新規のDNA折り畳みの基盤構造を解明し、H3mm18が筋分化を制御することを世界で初めて明らかにしました。

記事を読む