お知らせ
お知らせはありません

メンタル不調…頼みの綱の医師にすら「明確なノウハウがない」実態【医師が解説】 | 富裕層向け資産防衛メディア - 幻冬舎ゴールドオンライン

幻冬舎ゴールドオンライン 5ヶ月前
0 0
精神科医や臨床心理士には、患者の心身を蝕む「ボトルネック」を発見し、解消や軽減を図る「対人援助スキル」が求められます。そのありかは脳機能や遺伝的要素、生い立ち、現在の対人関係など様々です。しかし、精神という目に見えない領域であることから把握は難しく、医師は自分の得意分野を限定し、その枠外の人は見てくれない傾向にあります。 ここでは精神医療の実態について、医療法人瑞枝会クリニック・院長の小椋哲氏が解説していきます。

記事を読む